会社の組織に属することは、大きな安心感がある。
同じ職場に属する仲間と協力して、大きな仕事をやり遂げるという働き方には大きな魅力がある。
しかし一方で、会社組織に属している以上は、一人の自由意志ではどうにもならず我慢しなければならない事も多い。

その点、フリーランスの立場であれば、自身で仕事の方針を考え計画を立てて、実行することができるという自由さがある。
このことから、たとえ会社組織に属するという安定感を捨ててでも、フリーとして独立したいと考える人も多い。

このようにフリーランスへの転職では、ビジネスマンとしての現状を打破するために、一念発起してフリーの働き方にチャレンジすることができる。ただし、フリーとして仕事をすることに魅力を感じることと、その仕事をこなすことに適性があるかどうかは別の要素である。
たとえ本人が強く望んでいるからといって、必ずしもそのビジネスがうまくいくとは限らない。フリーランスの仕事に魅力を感じて転職するのであれば、どのような素質がフリーにとって必要であるかを知り、備えておく必要がある。

これまでの会社勤めで、人に頼っていた業務については、それを自身でこなさなければならない。
営業や事務といった経験がない場合には、何らかの形でそれらのスキルの基礎を身につけておいた方がいい。
魅力を感じてフリーに挑戦する以上は、必ず成功させることを心に決めて仕事に従事する決意が必要である。このまま会社組織に属するべきか、フリーへ転身するべきか、いずれにせよキャリアアップのために行動を起こそうと考えている方にオススメしたいサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です