フリーランスという言葉は聞いたことがあるだろう。
これはどこの会社や組織にも属することなく、自信で独立して仕事をするというものである。職業はさまざまであり、イラストレーターやシステムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニアなどが存在している。
自分で好きな仕事や、やりたくない仕事を選別することが出来るうえに、自身のペースで仕事をすることが出来るのである。

また、社会保険などがかからないので給料の単価は非常に高額になるというメリットがある。
しかし、いいことばかりでだけではなくリスクも伴うのである。そのリスクとは、フリーで仕事をしているので仕事があるときとないときが出てくる。そのため収入が安定しないので、家計に苦しむことになる可能性もある。

また、仕事の単価はそれぞれで違うため、いい案件ばかり取れるわけではなく、仕事を選びすぎているといつの間にか出来る案件がなくなってしまう恐れもある。
そのほかにも、稼いだ給料の所得税を自分で計算をして納めることになるので、書類を作るのが大変なのである。会社にいると雇用保険や労災保険に守られているのだが、フリーランスでは雇用保険も労災保険もないので、万が一のことがあっても保険がおりないのである。

これらのことを見てみると、フリーランスに必要なスキルのひとつとして、自己管理がしっかり出来る人が向いていることが挙げられる。
このことを踏まえたうえでフリーへの転身を考えるといい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です