フリーランスとは、特定の会社や企業などの団体や組織に属しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより、社会的に独立をして個人事業主として働くことである。仕事に決まった種類はなく、自分で自由に時間を使うことができる。

また、働いた分の収入は全て自分のものにすることができて、人に気を遣うことなく自分の考えでマイペースに仕事ができるため、憧れている人も多い。

しかし、ただの憧れだけでは到底成功できないのがフリーランスの難しいところである。
フリーランスになったら、収入が不安定になるからだ。ある程度の覚悟をして独立をしないとこんなはずではなかったと後悔することになる。
だから、独立をするのなら転職前にある程度の貯金をして、収入が少ない時の備えをしておかなくてはならないのだ。

また、体調を崩してしまったら働けなくなってしまうため、収入ももちろんなくなってしまう。
徹底した体調管理が今まで以上に必要になる。その他にも、確定申告などの手続きを自分でやらなくてはいけないという面倒さもある。
企業などでは、自分の与えられた仕事だけしていればよかったが、細かい事務の仕事や手続きは全て自分で行わなくてはならない。

このようなことから、独立をするのなら相当な覚悟を持たなければいけない。
しかし、逆に言えば、覚悟や責任を持ち、収入面や体調管理など気をつけるべきポイントを踏まえていれば、独立をしても成功することができるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です