会社員は時に、その忙しさで精神的に参ってしまうことがあるかもしれない。
忙しさには実は種類がいろいろある。
納期が迫っている中で緊張状態で仕事を進めている時の忙しさの主な原因は、納期のプレッシャーだろう。

また、納期に余裕があったとしても、同時にたくさんの仕事を進めなければならない時にも忙しさを感じるものだが、その主な原因は、脳のマルチタスク機能が悲鳴を上げている状態かもしれない。

さらにいえば、忙しさがそのまま精神的なダメージに繋がる場合と、かえって興奮状態を作り出し仕事が進むというプラスの効果を与える場合もあるだろう。
そういった各種の忙しさを感じる中で、残念ながら精神的に参ってしまいそうになったら転職でその状況を強制的に変えることが必要かもしれない。

転職には二つの選択肢があるが、多くの場合イメージするのは同業他社等に移ることではないだろうか。
この場合には、再就職先で同じ忙しい状態にならないようによく対象会社を研究をする必要があるだろう。もう一つの選択肢はフリーランスになるというものだが、こちらは忙しさを減らすどころかさらに忙しくなる可能性もある。一人で全ての対応をし、これまでやる必要がなかった間接業務の対応をするためやむを得ないだろう。

しかし、大きなメリットは、自分で選んだ道であり忙しくてもそれをやり遂げることで大きなやりがいを感じられるため、精神的なダメージを受ける可能性は低くなるはずという点だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です